人気の卵殻膜化粧品について

卵殻膜化粧品についてご存じでしょうか。
どうやら、最近密かに人気を集めているようで、私の周りでもだいぶ話題となっているのです。
私自身は全然知りませんでしたが、お肌の若返りが期待できるとかで、特に40代以上の女性の間では有名らしいのです。
しかし、卵殻膜化粧品って、、、正直どうなのでしょうか。

卵殻膜化粧品って体によいの?
卵=体によいというのは既に皆さんご存じでしょうし、かなり定着もしていますよね。
しかし、卵殻膜というものが体によいかどうか、、、これはわからないけど、卵が体によいのだから、その殻の膜だって体にいいに決まってる!そう決めつけてはいませんか。
それに、卵が体によくても、卵アレルギーの人にとってはどうでしょうか。
卵殻膜がその人に合うかどうかは、その人自身でないとわからないので、やはり皆によいというわけではないでしょうね。
卵殻膜は卵の殻に付着している白くて薄い膜のことです。
この膜は、孵化する前の雛の生命活動のサポートを全て担っているのです。
だからこそ、あの白い膜にはたくさんの栄養素がぎゅっと詰まっているということなのです。
さらに、江戸時代の相撲部屋の力士たちは、卵殻膜によって傷を治していたとも言われています。
卵殻膜には、治癒力もあるのです。
卵アレルギーの人には、まずはパッチテストが必要となりますが、そうでない人には体によい!といえると思いますよ。

卵殻膜化粧品に期待できること
卵殻膜が体によいというのはわかるけど、、、でもそれがいったい美容とどう関係あるのかわからない。という人もいらっしゃることでしょう。
実は、卵殻膜には、シスチンという、メラニンの生成を抑えてシミやそばかす、くすみなどをケアする効果が期待できる成分が入っています。
このシスチン、紫外線ダメージに効果が期待できるだけでなく、肌や髪、そして爪を丈夫に健康的にするためのケラチンタンパクを形成するアミノ酸なのです。
シスチンは、お肌のハリとツヤ、そして丈夫で綺麗な髪、割れにくくて綺麗な爪を保つためにも必要な栄養素なのです。
そして、卵殻膜の栄養素の中でも肌に最も魅力的と言われているのが、Ⅲ型コラーゲンです。
このⅢ型コラーゲンは、赤ちゃんの肌に欠かせないコラーゲンで、ぷりんとしていてもちっとしたあの赤ちゃん肌を目指す女性に注目されています。
特に、エイジングケアを求める40代、50代の女性に卵殻膜は高い支持を得ているのです。

卵殻膜を使った化粧品は自分でも作ることができますが、傷みやすいことや、アルコールをたくさん必要としたりなどといった点を考えると、しっかり栄養を残したままお肌に浸透させるように作られた市販の卵殻膜化粧品を使用した方がよいのかなと思います。
卵殻膜化粧品はいくつか発売されていますから、これ!というものを見つけて愛用してみましょう。